トイレTOTOと LIXILどっちがいい?【我が家が LIXILを選んだ理由】

トイレをTOTOにするか、 LIXILにするかで迷ってます。
どちらがおすすめか教えてください。

こんな疑問にお答えします。

✔︎ TOTOのトイレの特徴
✔︎ LIXILのトイレの特徴
✔︎ 我が家が LIXILを選んだ理由

目次

TOTOと LIXILから検討

我が家のハウスメーカーでは、標準で選べるトイレメーカーは2つ。

① TOTO

② LIXIL

TOTOと LIXILの2つのメーカーから選べるようになっていました。

どちらも有名メーカーですね。
正直どっちも似てるので決め手に欠けて悩みましたが、

我が家は LIXILに決めました!!!

【前提】我が家のトイレ仕様
✔︎ 1Fトイレはタンクレス
✔︎ トイレ手洗い付き
✔︎ 壁リモコン
✔︎ 2Fトイレはタンク一体型トイレ

TOTOの LIXILのトイレ比較

実際にTOTOか LIXILを選ぶとき、
なにを比較して良いか難しいですよね。

ここでは、私たちが比較したポイント5点から
TOTOと LIXILのトイレ比較をご紹介します。

私たちがトイレ比較したポイント
① エコ(節水・節電)機能
② お掃除のしやすさ
③ トイレ手洗いの見た目、機能
④ 価格・ブランド力
⑤ トイレの見た目・カラーバリエーション(おしゃれ度)

エコ機能を比較

トイレは毎日使うものですから、
エコ(節水・節電)機能は注目ポイントですよね!!

TOTOと LIXILのエコポイントの比較をご紹介します。

機能TOTOLIXIL
節水大:4.8ℓ
小:3.6ℓ
年間約14,200円節約可能
大:5ℓ
小:3.8ℓ
年間約13,800円節約可能
節電貯湯式S2(TCF6552)
1か月約371円
貯湯式アメージュV
1か月約374円

正直、誤差の範囲かと!笑
ここは比較対象から外しました!
迷いに迷ったら最後の決め手には良いですね( ´ ▽ ` )

お掃除のしやすさを比較

お掃除のしやすさは、重要なポイントですよね。

TOTOも LIXILもトイレのお掃除のしやすさを全面に売り出しているので、特徴をご紹介します。

「キレイ」機能TOTOLIXIL
汚れのつきにくさセフィオンテクト
✔︎ 陶器表面をナノレベルで凹凸なし
✔︎ 汚れがつきにくく、落ちやすい
ハイパーセラミック
✔︎ 傷や汚れにつよい
✔︎ 抗菌仕様(国際規格準拠)
便器内の洗浄トルネード洗浄
✔︎ 渦をまく水流
✔︎ 便器後方まで
✔︎ 少ない水で洗浄
パワーストリーム洗浄
✔︎ 強力な水流で洗浄
✔︎ すみずみまで
✔︎ 少ない水で洗浄
フチレスフチなし形状
✔︎ TOTO独自開発の形状
✔︎ サッとひと拭き
※グレードが高いものだけ
フチレス形状
✔︎ 汚れるフチがない
✔︎ サッとひと拭き
※ LIXILトイレすべて対象
お掃除リフトアップお掃除リフト
✔︎ ワンプッシュで持ち上がる
✔︎ 隙間をラクラクお掃除
お掃除リフトアップ
✔︎ 便座が真上にあがる
✔︎ 隙間をラクラクお掃除
便座のつなぎ目クリーン便座
✔︎ つなぎ目なし
✔︎ サッとひと拭き
つなぎ目のない便座
✔︎ 汚れが入りやすいつなぎ目なし
✔︎ サッとひと拭き
鉢内スプレー除菌スプレー
✔︎ 仕上げの除菌
鉢内スプレー
✔︎ スプレーで汚れがつきにくく
ノズルきれい除菌水
✔︎ 使うたび洗浄、除菌
✔︎ キレイ除菌水(次亜塩素酸)
ノズル除菌
✔︎ 使うたびキレイに保つ
✔︎ 銀イオン水でしっかり洗浄、除菌

TOTOも LIXILもしっかり機能が付いている印象です!
注目は「フチレス形状」が LIXILは全トイレ対象ですが、TOTOは高いグレードのみです!
我が家の標準でもTOTOはフチレス形状ついていなかったです( ; ; )
ここはLIXILに一票!

トイレ手洗いの見た目

我が家は標準でトイレ手洗いがついていたので、比較ポイントになりました。

トイレ手洗いの機能は一緒、あとは見た目だけ問題!笑

【TOTOの手洗い】

トイレリフォーム専門店「リライブ」HPより

【LIXILの手洗い】

LIXIL公式HPより

似てる!笑
ただ、個人的に LIXILのタオル掛けバーが長めでおしゃれだなーと感じました!

価格

どうせ標準から選ぶならコスパ重視で選びたい!って思いますよね。
(我が家は貧乏性なんで特にこの傾向にあり・・・)

トイレの種類によっても価格は変わってくるので、
おおまかに価格帯をご紹介します。

TOTO23万円〜62万円
リクシル19万円〜25万円

TOTOが幅広い価格帯のトイレを揃えている一方で、
LIXILはお手頃価格なトイレという印象ですね。

TOTOのほうが高級感を感じるのは、まさにこの価格帯の幅ですね!!

ただ・・・!!

もちろんハウスメーカー標準仕様でみるとTOTOも LIXILも同じ価格帯のトイレです。
そうなると特にTOTOに魅力は感じないかなーという結論になりました。

トイレの見た目・カラーバリエーション(おしゃれ度)

最後は見た目で判断しようと思います(笑)

1Fのトイレはタンクレストイレが標準設備でした。

まずはTOTOのタンクレストイレ「GG」

TOTO公式HPより

LIXILのタンクレストイレ「サティス」

LIXIL公式HP

LIXILのほうが丸っこい感じ。
ちなみに夫はTOTO派、私は LIXIL派でした。

✔︎ LIXILはカラーバリエーションが豊富
✔︎ 全9種類からカラーが選べる!

カラーが選べるのは LIXILならではです!!
我が家は1Fはホワイトが良かったので関係なかったですが、
2Fのトイレを色付きにしたいと思ってしまいました!!

我が家が LIXILを選んだ理由

こんな感じでTOTOと LIXILをしっかり比較した結果、
我が家は LIXILに決定しました。

LIXILを選んだ主な理由
✔︎ フチレス形状が気に入った
✔︎ トイレの丸っこい見た目が気に入った
✔︎ カラーバリエーションが豊富な LIXILに惹かれた

大差はなかったですが、こんな理由から我が家は LIXILのトイレにしました!

我が家の LIXILトイレ

1Fのタンクレストイレ
・トイレの色:ホワイト
・ペーパーホルダー棚の色:ホワイト
・オプション:手洗い自動水栓

オプションで手洗い自動水栓を追加しました!
約2万円くらいでしたが、感染症なども怖いですし、できるだけ清潔に!と思い奮発です!!

2Fトイレ
・ペーパーホルダー:ホワイト
・トイレの色:ブルーグレー

2Fトイレは思い切って色をつけてみました!
ブルーグレーが思いのほか可愛くてお気に入りです!

以上、我が家のTOTOと LIXILのトイレ比較と、
LIXILを選んだ理由でした!

少しでも参考になれば嬉しいです!

お風呂・洗面所などの水回りリフォームをお考えの方へ

資料請求なら『タウンライフリフォーム』がおすすめ。

全国の基準をクリアした優良企業から
あなたオリジナルのアドバイス・見積り・リフォームプランニングを無料でゲットすることができます。
情報収集として依頼するだけでもOK!!

ネット申し込み(3分ほど)で登録できます。

リフォームって大きな費用がかかるので、
家計へのダメージ大きいですよね。泣
複数社から見積もり依頼したいけど、時間も労力もかかるし大変だと思います。

優しい人ほどお断りするのがツラいという気持ち、ありますもんね。
そんな方はぜひ、一括資料請求使ってみてください。

情報収集を効率よく始めて、納得のリフォームしましょう。

※備考欄に「情報収集段階です。連絡はメールでお願いします。」と書いておけば営業電話回避できますよ!

タウンライフリフォーム公式HP

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる